冷戦史関連映画 第1回 鉄のカーテン

終戦のエンペラー

終戦直後の日本の占領政策に関する映画です。当時のアメリカ人の対日観や、戦争責任者に対する追及の過程が描かれていて興味深いです。

 

 

日本のいちばん長い日

日本がポツダム宣言を受諾するまでの過程や、玉音放送の録音盤を巡って青年将校が起こしたクーデター:宮城事件が詳しく描かれています。

人物の描写も細かく、役者の演技からそれぞれの演じている人物の性格や人柄まで伝わって来るかのように感じます。

 

 

下記の2つのランキングに参加しています。
是非、クリックをして応援をお願いします。
※クリックは1日1回までです。
にほんブログ村 歴史ブログへ   にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村    にほんブログ村

 

関連:ゆっくりで学ぶ冷戦史

 

← BACK | NEXT →

 





投稿日:2018年5月1日 更新日:

執筆者: