冷戦史 歴史 歴史全般

中国人・韓国人の名前の読み方

投稿日:2018年3月7日 更新日:

名前の読み方に関する異なるルール

前回に引き続き、名前の読み方に関するお話しをしたいと思います。

普段、テレビのニュースなどを見ていると、中国人の名前は日本語読み、韓国・朝鮮人の名前は現地語読みをしていることに気付いた人もいるでしょう。

例えば、中国の国家主席の習近平は、シュウ・キンペイと日本語の音読みで呼ばれます。中国語の読みを使って、シー・ジンピン(Xí Jìnpíng)と呼ばれることはありません。一方、韓国の大統領の文在寅は、ムン・ジェインと現地の発音で呼ばれます。ブン・ザイインと日本語で呼ばれることはありません。

このような違いはどういった理由で生じたのでしょうか。

※本記事は冷戦史第2回の下記コメントについての補足です。
「りーしょーばんらいんだとおもってた」
「↑日本語読みの発音かハングル読みの発音かの違い」

 

中国人の名前の読み方

中国人の名前は日本語読みをします。逆に、日本人の名前は中国では中国語読みをされています。安倍晋三首相は中国では、アンベイ・ジンサンと呼ばれます。

つまり、日中双方で相手の国の人間を現地の言葉で呼んでいるのです。このような、名前の読み方・呼び方については、実は政府間でも合意が存在します。

1972年、日中国交正常化交渉のために田中角栄首相が訪中した際、中国の周恩来首相との間で、上記の読み方のルールを確認したそうです。

 

韓国人の名前の読み方

韓国・朝鮮人の名前は韓国語の読みが日本でも用いられます。逆に韓国においても、日本人は日本語読みで呼ばれます。

これについても、政府間で合意が存在するのです。1984年に全斗煥(チョン・ドファン)大統領が訪日した際に、中曽根首相との間で、現地語の読みを用いることを確認したそうです。

当時から韓国では漢字廃止・ハングル推奨の政策が採られており、漢字を読める人が減っていました。つまり、日本人の漢字の名前を韓国語で読むというのが難しくなっていたのも、上記のルールを採用した理由の一つでした。

 

韓国人名と訴訟

韓国・朝鮮人の名前を韓国語で読むようになったのには、実はもう一つ理由があります。

在日韓国人の崔昌華(チォエ チャンホァ)牧師は、自分の名前がNHKのニュースでサイ・ショウカと日本語で読まれることに対し、損害賠償請求訴訟を提起しました(賠償金額は1円)。

崔牧師は敗訴しましたが、最高裁は「他人からその氏名を正確に呼称されることについて、不法行為法上の保護を受けうる人格的な利益を有する」と、崔牧師の主張に一定の理解を示すような判決を下しました。

名前の読み方ひとつでも、その人のアイデンティティと深く結びついている場合もあるのですね。

 

下記の2つのランキングに参加しています。
是非、クリックをして応援をお願いします。
※クリックは1日1回までです。
にほんブログ村 歴史ブログへ   にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村    にほんブログ村

 

関連:ゆっくりで学ぶ冷戦史シリーズ

 

※アイキャッチ画像は著作権切れ。

 

 





-冷戦史, 歴史, 歴史全般

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ソ連の核開発とスパイ活動

冷戦とスパイ 国家がスパイ活動を行うという事例は、古今東西で見られます。もちろん、冷戦期にも多くのスパイたちが暗躍していたのですが、その性質上、中々歴史の表舞台には現れません。今回は特に冷戦初期のソ連 …

核兵器に関する認識の変遷

核兵器は「使用可能」な兵器か? 1945年7月に核兵器が初めて登場して以来、その捉え方は大きく変化していきました。今回は核兵器に対する考え方がどのように変化していったかを簡単に説明しようと思います。 …

欧米人の名前の読み方

歴史と名前 日本史はともかくとして、世界史を語る上では外国人の名前を表記あるいは発音することが必須です。 この、外国人の名前の読み方についても、様々な経緯があって今の読み方に落ち着いているのです。そこ …

「終戦の日」はいつか?

「終戦の日」は8月15日か? 日本人にとって、日本が太平洋戦争(呼び方は色々ありますが)に敗れた日というと8月15日を思い浮かべるでしょう。しかし、この「終戦の日」というのは、なかなか一義的には決めら …

ジェット機同士の空中戦

空中戦の歴史 ライト兄弟が世界初の有人動力飛行を成し遂げたのは、1903年のことでした。その後、航空機の技術は急速に発展し、1950年代にはとうとうジェット機の時代に突入します。 朝鮮戦争はジェット機 …